<< 中学生4人お手柄、火災民家から... 法科大学院、全国初の入学者なし... >>

初年度は6405億円=地方法人譲与税、5都府県減収に−総務省(時事通信)

 都市と地方の税収格差を是正するため、法人事業税(地方税)の一部を国税化した上で、都道府県に再配分する地方法人特別譲与税で、初年度となる2009年度の配分総額が6405億円となることが25日決まった。総務省が同日、09年度の最終配分額を発表した。同省は当初、8096億円を見込んでいたが、企業収益の悪化で想定を大きく下回った。
 総務省によると、同譲与税額が再配分前の税収を下回ったのは、東京(856億円減)、福井(4億円減)、愛知(50億円減)、京都(39億円減)、大阪(105億円減)の5都府県。他の道県は再配分の結果、1億〜95億円の増収となった。 

【関連ニュース】
30府県がプラス予算=経済対策を積極計上
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に
子ども手当は無駄削減で=行政刷新相
消費税、方向性提示に慎重=論議は容認
枝野氏、消費税論議に慎重姿勢=「民主公約は破綻」と自民総裁

<薬事法違反>バイアグラ広告送付容疑で逮捕 新潟県警(毎日新聞)
<自殺>対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)
【25%の危機】(中)新たな負担 いまだ“藪の中”(産経新聞)
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針−自民(時事通信)
花咲港で建物に浸水=北海道根室市(時事通信)
[PR]
by wldtbfhdzl | 2010-03-03 13:20
<< 中学生4人お手柄、火災民家から... 法科大学院、全国初の入学者なし... >>