<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに(産経新聞)

【裁判員制度施行1年】

 国民が刑事裁判に参加する裁判員制度は、21日で施行から1年になる。施行3年での見直しが決まっているが、対象事件としての是非が論じられつつある性犯罪や、地域的に偏りがある薬物犯罪では問題点も見えてきた。制度施行と同時に大幅に権限が強化された検察審査会の在り方も踏まえ、「司法改革元年」を振り返る。

 最高裁が発表した裁判員裁判の実施状況によると、3月末までに起訴された対象事件の被告は計1662人で、判決を言い渡されたのは444人だった。死刑と無罪はまだ言い渡されていない。

 裁判員裁判と、従来の裁判官による裁判とを量刑で比較すると、強姦致傷罪などの性犯罪や殺人罪では、従来よりやや重めとなっている。

 強姦致傷罪では、裁判官裁判では「3年超5年以下」が最多だったが、裁判員裁判では「5年超7年以下」がピークに。また、殺人罪では裁判官裁判では「懲役9年超11年以下」が約15%で最も多かったが、裁判員裁判では「懲役15年超17年以下」が約17%で多かった。

 ただ、最高裁は「まだ判決の蓄積が少なく、有意なデータではない」と説明している。

 一方、3月末までに裁判員として選ばれたのは、補充裁判員を含め、計3594人。裁判員候補者は延べ4万1047人で、うち2万1435人に辞退が認められており、負担に配慮した柔軟な運用が行われているといえそうだ。

【関連記事】
「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題
「疑わしきは…」裁判員時代に指針示す 「母子殺害」差し戻し
裁判員制度1年 参加意欲は高まらず
裁判員2年目 課題克服し制度の定着を

赤松農水相の不信任案、自公共同提出で一致(産経新聞)
<放送法改正案>電監審の調査・提言機能強化の条文削除へ(毎日新聞)
会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
<事業仕分け>対象法人さまざま 準備万端・あきらめも (毎日新聞)
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相(時事通信)
[PR]
by wldtbfhdzl | 2010-05-27 22:51

経産省委託事業の報告書 白書“丸写し”に421万円 提出の団体「指示された」(産経新聞)

 経済産業省から平成19年度ビジネス性実証支援事業(人材育成分野)の委託を受けた民間団体が、国土交通省発行の観光白書など公的資料をほぼ丸写しにした事業報告書を提出していたことが13日、産経新聞の調べでわかった。経産省はこの団体に対してすでに、委託費約421万円を支払っている。団体側は「経産省から白書などを丸写しするよう指示された」と話し、経産省側は「そんな指示はしていない」と言い分が対立している。(三枝玄太郎)

 問題の報告書を提出したのは、札幌市の小規模旅行会社など2社で構成する「インターナショナル・サービスマイスターアカデミー協議会」。

 同協議会は、サービス産業の発展を目的にした資格制度や検定制度などを創設し、経営ノウハウなどを向上させようと事業を計画。19年8月、経産省からビジネス性実証支援事業に選定され、委託を受けた。委託契約費は500万5300円だった。

 事前のプロジェクト概要には「ニーズ調査を実施する」としていたのに、20年3月までに経産省に提出された事業報告書には、そうした調査を実施した形跡はなく、ほとんどが観光白書、北海道や独立行政法人国際観光振興機構(JNTO)の報道資料などを丸写ししたものだった。

 132ページのうち目次を除く少なくとも約100ページはすべて公的資料の文章と同一だった。

 しかし、経産省は20年4月、報告書に問題はないとして、最終的に約421万円を協議会側に支払っていた。

 丸写しの一例を挙げると、事業報告書の「宿泊産業の活性化」という項目の内容は、観光白書で宿泊産業について触れた部分と同一。事業報告書の「観光旅行の促進のための観光整備」の部分は、観光白書19年度版「観光旅行の促進のための環境の整備」と表題がほぼ同じで、本文は全く同じ。

 さらに協議会は「観光マイスター制度のカリキュラムの中身の提出」「テキストの詳細」「講師リストの提出」など7項目を経産省に19年度中に提出するとしていたが、1項目も提出されなかった。

 経産省によると、協議会は20年度も事業を継続させたい旨を伝えたが、経産省は事業そのものを中止した。

 すでに国交省も事実を把握しており、経産省に対し「観光白書の丸写しが散見され、遺憾だ」と異例の申し入れをしている。

 協議会を構成する会社の社長は産経新聞の取材に丸写しの事実を認めたうえで、「経産省から資格制度の事業化は時期尚早なため、とりあえず公的資料を丸写しをして事業報告書を出すよう要請があった」と話した。

 一方、経産省商務情報政策局サービス産業課は「そんな指示をするはずがない」としており、言い分が対立している。

熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)
19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
[PR]
by wldtbfhdzl | 2010-05-19 03:02

<海難事故>漁船が転覆…1人不明 金沢沖(毎日新聞)

 10日午前3時25分ごろ、金沢港(金沢市)の西南西約30キロの沖合で、石川県漁協所属の底引き網漁船「第8住吉丸」(6.93トン、2人乗り組み)が転覆していると、別の漁船から118番通報があった。乗組員の七田勇次さん(53)=同県能登町字小浦=が行方不明で、船長の浜谷高志さん(58)=金沢市畝田中=は仲間の船に救助されて無事。

 金沢海上保安部によると、浜谷船長は「タンカーのようなものと衝突した」と話しており、同保安部は近くを航行したタンカーの船長らから事情を聴いている。漁船は同日午前10時25分ごろ、沈没した。【幸長由子】

【関連ニュース】
海難事故:貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘
転覆:小型ボートの82歳男性死亡 愛知・豊川のマリーナ
貨物船・漁船衝突:「原因」双方に 調査報告書
貨物船衝突:1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡
漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ−神奈川県警(時事通信)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
不明女性、遺体で発見=利根川の水上バイク事故−千葉(時事通信)
増額分、全額現金は見送り=子ども手当−民主研究会が報告書(時事通信)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
[PR]
by wldtbfhdzl | 2010-05-12 01:09